選手 Feed

2017年7月19日 (水)

アジアカップ高松

惨敗に終わってしまった3戦目の日本U23/U19選手権・・・4連戦の最終のアジアカップ高松。

選手たちは連戦と遠征と暑さによる疲労感がとても高まっている中、ITUポイント獲得を目指して全力で取り組んでくれました。

新たな海外選手がチームと一緒に帯同することになり、4か国の選手がいる多国籍のチームになりました・・・

Img_3379

Img_3387

Img_3398

男子からレースはスタート。康貴、弦大、匠真、賢太郎、迅、チャンユーの6名。

Img_3451

Img_3651

Img_3626

Img_3810

Img_3838

Img_3822

康貴 11位  匠真 29位  弦大 33位  賢太郎 55位  迅 55位  チャンユー 61位

男子公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2017/17takamatsu_elite_men_result.pdf

女子はなんと全員違う国籍(JPN/CZE/TPE/NZL)。みんなで上位を狙います!

Img_3860

Img_3876

Img_3924

Img_3960

Img_4050

Img_4061

キリ(NZL)  菜々美(JPN)12位  ヤナ(CZE)22位  リュウリュウ(TPE)26位

女子公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2017/17takamatsu_elite_women_result.pdf

次は2週間あいて22日に康貴と弦大がASTCアジアU23選手権パレンバン大会(インドネシア)に挑みます!応援よろしくお願いします!!

2017年6月28日 (水)

アジアカップ大阪

4週連続大会期間の2週目のアジアカップ大阪。

大阪大会は会場を舞洲から大阪城に移し、前代未聞のお堀を泳ぐ大会!!歴史とトライアスロンがコラボレーションした大会になりました。

初めての開催でありテクニカルなバイクコースのためタイトなスケジュールの合間を見て5日前にコース試走を行い、念入りにコースを確認しました。地元関西での開催だからできたコース試走。

Img_1736

Img_1752

Img_1807

レース当日は雨・・・テクニカルなバイクコースの上、ウェットな路面に緊張感は高まりました。

お堀のコンディションは雨で多少は良くなったと思いますが水はやはり緑。選手はレースに集中してるためいつも通り。

男子のレースからスタート

Img_1868

Img_1879

Img_1952

Img_1961

Img_2070

Img_2099

康貴がスイムをトップで上がってきてから、バイクの上手さでトップ集団で終始展開。最後のラン勝負でも粘りを見せ大健闘の8位。弦大は多くの課題を残したレースになりました。

【男子結果】

康貴 8位  弦大 31位  匠真 49位  迅 52位  智也 60位

http://www.jtu.or.jp/results/2017/17osakajo_EM_result.pdf

女子チームは完全に多国籍チームと化していました。

Img_1840

Img_1841

Img_2138_2

Img_2230

Img_2247

Img_2474

菜々美はレースでの強さを見せて2週連続の4位入賞。美咲は久しぶりに会心の走りで11位と好成績!感動する走りを見せてくれました。

【女子結果】

菜々美 4位  ヤナ 7位  美咲 11位  リュウリュウ 31位

http://www.jtu.or.jp/results/2017/17osakajo_EF_result.pdf

林田カメラマンの写真

Dsc_8445_01

Dsc_8222_01

Dsc_8429_01

Dsc_8316_01

PHOTO:林田淳吾

選手から応援まで一丸となって戦ったレースでした!最高のチームになってきました!

Img_2507

2017年6月19日 (月)

アジアカップ蒲郡/蒲郡オレンジトライアスロン

アジアカップ蒲郡はスーパースプリントで予選・決勝を行うレース形式。出場目的はスピードアップと決勝に残りITUポイント獲得。

女子は4名が出場。2名は海外選手ですが・・・

予選はレースペースはあまり速くはなく、他の選手の動向を見ながらのレース展開でしたが、1組で菜々美が3位通過、リュウリュウは予選落ち。2組で美咲が2位通過、ヤナは12位通過。

決勝は選手全員がフルスロットル。スタートから全力でいっていました。バイクを終えるまでほぼ全員同じパック、集団の前方でバイクを終えた菜々美と美咲がランに飛び出し、ヤナが後ろから追う形になりました。2kmのランはあっという間で上位5名のスピードはとても速かったですが、菜々美がくらいつき見事4位でフィニッシュ。ヤナは粘りを見せて10位、美咲はスピードが上がらず18位でした。

Img_1433

Img_1455

Img_1472

Img_1508

Img_1559

Img_1608

男子は2名が出場。

予選は康貴が安定した走りで1組2位で通過、2組の賢太郎は落車DNF。

決勝は康貴が流血するほどのすごいスイムバトルを乗り切り、バイクで積極的な展開で2周目は独走でトップでバイクフィニッシュ。ランも逃げ切りたかったがまだまだ力不足が露呈して、大きく順位を落として24位でフィニッシュ。

Img_1645

Img_1657

Img_1686 

リザルトはこちら http://www.triathlon.org/results/result/2017_gamagori_astc_sprint_triathlon_asian_cup

びわ湖トライアスロンと同日の蒲郡オレンジトライアスロンでしたが、エイジグループの岸本さんと、ジュニアの哲平は蒲郡大会をチョイスして出場。

哲平はスーパースプリントの部に出場しぶっちぎりで優勝してきました。

Img_0405

Img_0443

Img_0529

レースの後は来年からエリートレースに参戦するためにアジアカップを勉強しました!

エイジグループの岸本さんも上位を目指して頑張りました!!!

Img_0601

Img_0607

哲平は表彰式でAS京都の強化合宿に参加してくれている中島千紗都選手と共にスーパースプリント優勝の表彰!おめでとう(^^)/

Img_1714 

次のレースは翌週の6/25のアジアカップ大阪。初の大阪城での開催。なんとスイムは大阪城のお濠を泳ぎます!関西の方は是非応援にいらしてください。チームからは9名が出場します。アジアカップのスタートは正午過ぎです!

アジアカップ大阪大会HP http://event.osaka-triathlon.com/ja/toppage

2017年6月13日 (火)

レース週間前

今週末のアジアカップ蒲郡から始まり、アジアカップ大阪、日本U23/U19選手権、アジアカップ高松と4週連続のレース週間が始まります。

大会出場の目的も明確なこともあり、平日夕方の練習はいつもより集中力が高まっています。

Img_0207

Img_0217

賢太郎はバイクとホイールを新調して、ウキウキで写真撮影(^^;

Img_0222

2017年6月 6日 (火)

アジアカップ/泰州(中国)/ニュータイペイ(台湾)

6/3アジアカップ泰州と6/4アジアカップニュータイペイが開催されました。

エントリー時点で弦大は中国の泰州、康貴は台湾のニュータイペイの大会を選択。チームの戦略としてITUポイントを獲得できる大会を選手自身に選ばせました!

【アジアカップ泰州】

内田弦大(関西大学3年) 6位入賞

Img_9554

Img_9659

Img_9700

Img_9815

Img_9895

Img_9668

泰湖のある公園が会場となり、多くの観客の中スタートを切りました。会場には水族館がありましたがさすが中国、外壁には怖いニモのオブジェがいました・・・(^^;

弦大はスイムから積極的にトップ集団でレースを展開。欧米・豪州勢がいるスピ―ドレースでしたが得意のランで粘り6位入賞!

結果詳細

http://www.triathlon.org/results/result/2017_taizhou_astc_triathlon_asian_cup/312081

【アジアカップニュータイペイ】

山本康貴(立命館大学3年) 3位入賞

_20170604_100457

内山が弦大に帯同していたため、康貴は今回の台湾遠征を初単独で参戦してきました!海外遠征もだいぶ経験を積んできていたので安心していかせてみました。しかし、出発日の台湾の豪雨で飛行機が一度沖縄に引き返すトラブルに見舞われ、レース当日も川の増数のためスイムは半分の750mになるなどハプニングが多い中、冷静に積極的なレースで先頭集団にくらいつき、ランも粘り切り見事に3位入賞してきました。康貴の成長を大きく感じた大会となりました!

結果詳細

http://www.triathlon.org/results/result/2017_new_taipei_astc_triathlon_asian_cup/312085

以上、2大会で康貴・弦大は出場の最大の目的であるITUポイントを獲得してランキングをアップさせました!

次は国内のアジアカップ蒲郡!引き続き応援よろしくお願いします!

2017年5月28日 (日)

丹波市ファインキッズ 10年目の原点回帰

丹波市ファインキッズは10年前にチームが初めて出場した兵庫県協会のローカル大会。

中学生4名が新加入して中学生以下だけで9名での出場が、10年前のチーム初期の光景と重なってよみがえってきました。エイジのスクール生も2名出場。選手のお父さんですが!大会受付開始時間に集合して、昨日届いたWAVEONEのチームバイクジャージを着てコース試走からレースの1日がスタート!

Img_8464

Img_8476

Img_8506

Img_8511

Img_8545

Img_8548

5~6年生カテゴリーの青空と孝翼からレーススタート!

Img_8578

Img_8625

Img_8676

Img_8636

Img_8645

Img_8688

なんと青空はカテゴリー総合優勝!!! 男の子にも勝ってきました(^^)v

孝翼は5年生ながら総合13位(男子10位)の頑張りを見せました。

中学生は男女のウェーブに分かれて、まずは男子5名スタート。

Img_8704

Img_8721

Img_8749

Img_8782

Img_8788

Img_8851

Img_8948

Img_8999

Img_9020

哲平は優勝!しかしU15選手権に向けての課題が多く見つかったレースになりました。

悠希8位、空知10位、輝夏太15位、柊斗17位とまだまだトレーニングを積んでいかないといけません!

中学女子スタート。

Img_8798

Img_8811

Img_8819

Img_8918

Img_8925

Img_9114

中学女子の花恋は生涯初レースで総合28位(女子10位)、采音はやる気が見えてきた2回目のレースで総合29位(女子11位)

Img_9265

一般カテゴリーは林さんと大竹さん。

Img_9193

Img_9233

Img_9247

Img_9294

Img_9309

Img_9366

林さんは昨年より3分ほど記録アップでカテゴリー2位の大健闘。大竹さんはレースを楽しんでいました!お二人ともかっこよい走りでしたよ!

さぁ原点回帰をして、またたくさんの選手を育成していきますよ!

これで全員が2017年シーズンインしました!

Img_9368

2017年5月 9日 (火)

GW強化合宿

2017年のGW後半は5連休。この期間では初めて日本海での強化合宿を開催!

クラブハウスからの合宿地往復はもちろんロングライドで移動bicyclebicyclebicycle

往路は渋滞で選手になかなか追いつかず・・・福知山市内から与謝峠を通り宮津市へ!

Img_4658

Img_4711

Img_4783

5日間の強化合宿はタイトなスケジュールでトレーニングを詰め込みました。2日目と4日目は実戦練習を実施。水温が低い中でも集中して泳ぎました。

Img_4864

Img_4886

Img_5116

Img_5256

Img_5029

Img_5292

Img_6126_2

Img_6512

Img_6550

Img_6573

Img_6373

Img_6337

3日目の中日はロングライド。男子は150㎞、女子・ジュニアは120㎞。

Img_5358

Img_5390

Img_5395

Img_5600

Img_5703

Img_5869

最終日は復路のロングライド。GWのUターンラッシュを避けてのどかな裏道でクラブハウスに向かいました。千紗都は現地解散なので朝スイムの往復をバイクライドしました。

Img_6679

Img_6822

Img_6929_2

Img_7217

Img_7369

Img_7436

無事に5日間の強化合宿を終了!

これからの学校の通学期間のトレーニングが大切になります。6~7月のレースシーズンに向けて更にチーム一丸となって頑張っていきます!!

Img_6602

2017年4月26日 (水)

アジア選手権U23/ジュニア日本代表選考会

23日(日)に宮崎市でアジア選手権U23/ジュニア日本代表選考会が開催され、チームから9名の選手がレースに出場してきました。チームにとってシーズン初戦、このオフシーズンの成果を試すレースでもありました。

移動は遠征費の節約もあり神戸三宮の神戸港から宮崎港まで往復フェリー移動。意外と快適でゆったりとした気分で移動できました(^^)v

前日は会場で赤い軍団が笑顔で最終調整!!

Img_3421

Img_3453

Img_3473

レースは女子からスタート。美咲と菜々美の2名が出場。

Img_3561

Img_3652

Img_3660

Img_3702

Img_3839

Img_3886

菜々美 総合 5位(ジュニア 3位)  美咲 総合 13位(U23 8位)

男子は康貴・弦大・智也・賢太郎・洋哉・匠真・迅の7名が出場。

Img_3934

Img_4011

Img_4023

Img_4044

Img_4147

Img_4184

Img_4332

Img_4395

Img_4420

康貴 総合 優勝(U23 1位)  弦大 総合 5位(U23 5位)

洋哉 22位  智也 23位  匠真 35位  賢太郎 36位  迅 38位

公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2017/2017Miyazaki_U23_Jr_results.pdf

U23/ジュニアは全国的にレベルアップしてきているのを感じました。引き続き楽しむことを原点にトライアスロン競技に真剣に取り組んでいこうと思います。結果の出なかった選手は継続して課題にしっかり取り組み、結果を出した選手は慢心せず奢らずに努力を続けることを大切にしていきます。

応援ありがとうございました。

2017年3月29日 (水)

春季強化合宿

現在、27日(月)から宮津市で強化合宿を4泊5日で実施しています。

なかなかネットワークがつながりにくい環境のためブログが作成できません。AS京都Facebookで簡単ですが合宿の様子を報告しています!!

AS京都Facebook  https://www.facebook.com/ASKYOTO/

2017年3月 6日 (月)

京都府スポーツ賞 受賞

平成28年のレースの結果から、京都府スポーツ賞を5名の所属選手が受賞しました。

25日(土)に表彰式に出席してきました。

Dsc_7045

Dsc_7042

【優秀賞】

  山本康貴  立命館大学2年

  内田弦大  関西大学2年

  中山菜々美 京都府立乙訓高等学校2年

【未来くん賞】

  徳山哲平  京都市立桂川中学校2年

  林田青空  同志社小学校5年