選手 Feed

2017年2月 8日 (水)

ロングライド開始

雪のちらつくほどの寒さの京都ですが、認定記録会を終えエリートチームは予定通りロングライドを開始しました!朝スイムを泳ぎこんでからバイクスタート。今日はまずは楽しんでトレーニング。

今日は奈良までの往復100㎞。折り返し地点は奈良教育大学。奈良公園で鹿と軽く遊んで、美咲に会いに大学に行き、生協で休憩して帰ってきました!

Img_8277

Img_8281

Img_8285

Img_8287

Img_8295

Img_8298

美咲とデカ男君が会いに来てくれました。笠次先生は忙しく会えませんでした。美咲は今週のテストを終えてからトレーニングに合流します!

さぁシーズンに向けて走り込みますよ!!

2017年1月 5日 (木)

1日に2つのスキートレーニング

ウィンターキャンプ3日目。今日からクロスカントリースキーに挑戦。

午前中はアルペンスキーの技術練習に徹して上達を目指しました。

Img_7048

Img_7054

Img_7056

Img_7067

Img_7155

Img_7170

クロスカントリーは大学からの友人の霜ちゃんに紹介してもらった妙高青少年自然の家で初めてのトレーニング。雪の降りしきる中、最初はヤナがコーチとなって基礎練習!今日は昼過ぎまで競技会があったため役員を終えた霜ちゃんが、指導とコースの案内をしてくれました!

Img_7174

Img_7215

Img_7221

Img_7223

Img_7264

Img_7305

初めてのわりに上手いとほめてもらった選手たち。ヤナは競技経験があり段違いの速さでした。コースを5周しましたが弦大も康貴もヤナに置いて行かれました。全身を使うクロスカントリースキーはトレーニング効果が絶大です!

明日は走る距離を伸ばしてみます!

2017年1月 4日 (水)

ウィンターキャンプ【エリートチーム】

チーム初のウィンターキャンプはスキーとスイムでトレーニング。メンバーはエリートのみ。

スキーはアルペン・クロスカントリーを実施、スイムは妙高市の室内プールへ。チームは3日から池の平温泉スキー場に入っています。

施設の都合でスイムは4日、クロスカントリースキーは5日からスタート!全日程の半日は必ずアルペンスキーの特訓!!

Img_6916

Img_6946

Img_6873

Img_6970

Img_6973

Img_6955

ヤナは子供のころにスキー競技の経験もあって、とてもうまい!ものすごいお手本になっています(^^)/ 今回のアルペンスキーはカービングのマスターが目標。アルペンで重心移動、バランスの調整力の向上を狙います。

Dsc_0761

今日から泳ぎ始めました!

スイムとスキーの組み合わせのキャンプは初めての経験ですが、効果のある良いキャンプになる予感です!!

初詣トレイルラン

新年早々のチーム恒例の立木観音への初詣トレイルランに行ってきました。

目的はチーム全員での安全祈願・必勝祈願。賢太郎は合格祈願も!

ルートはJR石山駅から一般道を通り、立木観音の裏参道であるトレールコースを通った往復コース。もちろん立木観音では参拝をしておみくじを引き、ゆず湯を飲むまでしてきます!!

Img_6789

Img_6791

Img_6815

Img_6822

Img_6827

Img_6841

Img_6836

保護者の方や兄弟も参加してもらい、賢太郎は受験中でもチーム恒例行事を大切にしてくれての参加。ありがとうございました。

2017年はチーム創設10周年に入る年です。たくさんの方々から良いエネルギーをいただき、今年もみんなで頑張りましょう!!

さあ、トレーニング再開です!

2016年12月19日 (月)

びわ湖クロスカントリー大会

びわ湖クロスカントリー大会に選手とキッズとスタッフがエントリー。

陸上長距離選手の集まるこの大会に数年ぶりにエントリー。久しぶりに来た滋賀県の希望が丘は以前とあまり変わっていませんでした。

1部は陸連登録選手なので、みんな2部以下のカテゴリーに出場!

2部男子8㎞ 智也、匠真、迅、奥村、内山

Img_5342

Img_5356

Img_5367

Img_5400

Img_5404

Img_5409_2

匠真 8位入賞!

2部女子4㎞ ヤナ、宏美

Img_5452

Img_5495

Img_5462

ヤナ 3位入賞

3部男子3㎞ 哲平、空知

Img_5632

Img_5637

Img_5651_2

Img_5665

Img_5679

Img_5697

4部女子1㎞ 青空

Img_5583

Img_5602

Img_5611

陸上選手ばかりの中、みんなよく頑張りました!サポート選手、スタッフもありがとうございました。

Img_5522

Img_5546

Img_5549

Dsc_6854_3

2016年11月 9日 (水)

日本デュアスロン選手権

10月でトライアスロンシーズンは終了しましたが、11月に入り早速デュアスロンシーズンに突入!東日本大震災復興支援で始まった福島市の会場での日本デュアスロン選手権が6日に開催されました。先週のWC宮崎後にもかかわらず康貴がジュニア選手と共にチャレンジ!ランを強化してきたシーズンの成果はいかに・・・

福島市までの700㎞の10時間以上のバス移動にも負けずU15の選手も元気に会場入り!前日の受付と競技説明会に出席。

Img_4020

Img_4022

前日のコース試走はポカポカ陽気でしたが、大会当日天気は一転・・・強風と5度以上の気温低下(ToT)選手たちは過酷な条件でも準備をしっかり行っていたので落ち着いてスタートラインへ!

レースはエリート、U23、U19が同じ距離のため一斉にスタート。康貴と大学受験を終えたばかりの智也が出場。

Img_4023

Img_4028_2

Img_4034

Img_4081

Img_4076

Img_4145

Img_4342

Img_4241

Img_4516

【日本選手権】 3位 山本康貴

【日本U23選手権】 1位 山本康貴 ※日本選手権U23カテゴリー対象選手

【日本U19選手権】 7位 堀田智也

康貴はスプリントの距離を余裕を持って走り、最後に粘り強い走りをしてくれ、見事日本選手権3位入賞。来シーズンの自信につながると良いですね!智也はこれから体作りを始めます。

U15選手権は迅、哲平、空知が出場。

Img_4195

Img_4270

Img_4323

Img_4336

Img_4402

Img_4486

【日本U15選手権】

1位 徳山哲平  2位 水口迅  DSQ 岡本空知

哲平・迅でワンツーフィニッシュ!!圧巻の走りをしてくれました!空知は練習通りのことができず失格に・・・頑張ってもミスをしてしまうとすべて水の泡。良い勉強になったはずです。

公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2016/16azuma_duathlon_result.pdf

表彰式!!

Img_4546

Img_4557

Img_4569

Img_4582

ワールドカップ宮崎

2016年のチーム目標であったワールドカップ出場を宮崎大会で達成することができました。しかし、東京五輪に向けて若手選手に出場チャンスをいただいた大会でした。出場する選手はこのチャンスをどれだけ世界で戦うための経験として生かしていけるかが課題ととらえて大会に挑みました!

結果としては惨敗でしたが、積極的なレースをした選手にとっては大きな一歩となりました。

Img_3162

Img_3217

Img_3304

Img_3310

Img_3397

Img_3425

Img_3639

Img_3660

Img_3670

Img_3844

Img_3851

Img_3875

男子は62名の出場でレベルの高い選手たちとの戦いは康貴と弦大にとっては高速レースになりました。スピードとパワーに違いは見せつけられましたが、未来を見据えて今回の結果を生かしていきたいと思います!!

【男子結果】41位 山本康貴(立命館大学2年)  LAP 内田弦大(関西大学2年)

公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2016/16ituwc_miyazaki_men.pdf

2016年11月 5日 (土)

アジアカップ香港

アジアでのコンチネンタルカップが香港で開催されました。弦大と菜々美がITUポイント獲得と海外レース経験を積むために香港大会に出場!AS京都のトレーニングキャンプに参加した海外選手とも再会もありました。

菜々美はパペーテに続き海外コンチネンタルカップ2戦目!

Img_2378

Img_2382

Img_2429

Img_2463

Img_2487

Img_2511 

今回は調整から体調管理がうまくいかず不安を残してスタート。やはりレース中に不安が的中・・・これもまた勉強。結果は13位。

女子公式記録:http://www.triathlon.org/results/result/2016_hong_kong_astc_sprint_triathlon_asian_cup/282312

弦大は世界ジュニア選手権に続く海外2戦目。しかも前週の日本選手権の余韻も残る中での参戦。

Img_2527

Img_2544

Img_2593

Img_2631

Img_2649

Img_2677

レース展開は今シーズンの特徴でもある第2集団以降からの追い上げでしたが、しっかり8位入賞まで順位を上げる走りをしてくれました。そして初のITUポイント獲得になりました!!課題もさらに明確になったのでこれからのステップアップも期待したいと思います。

男子公式記録:http://www.triathlon.org/results/result/2016_hong_kong_astc_sprint_triathlon_asian_cup/282311

2016年10月20日 (木)

日本トライアスロン選手権

日本トライアスロン選手権にAS京都として出場元年。勝つことよりも一生懸命なレースとレースを楽しむことをテーマに東京お台場へ!

チャレンジの日本選手権!

Img_1906

Img_1914

Img_1931

女子は例にない大雨の中でのレース。男子のサポートのためレースのサポートは麻理マネージャーに任せ、男子ウォーミングアップ中に女子のレース展開をLINEでの中継とライブタイミングで女子のレース状況を確認。帆波はスイムからの出遅れを挽回できず、ランで体調不良によりDNF、美咲は国体の調子を継続したかったもののバイクで順位を落としましたが、ランで粘り33位。

男子は康貴と弦大が出場!

Img_1997

Img_2088

Img_2096_2

Img_2116

Img_2236

Img_2232

Img_2300

Img_2294

Img_2305

弦大はスイム・バイクと第3集団で展開しランに入ると一気に前を追い、日本選手権初出場で9位入賞。康貴はバイクで2人の第2集団で走りきり7位でランに入るも、力尽きてしまいましたが最後まであきらめず26位でフィニッシュ。

公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2016/16nationalchampionships_result.pdf

Img_1977

京都からたくさんの方に応援に来ていただきました。

ありがとうございました。

これからも世界と戦えるようになるために、一生懸命にレースに挑戦し続けていきます!

2016年10月19日 (水)

オセアニアカップパペーテ

今シーズンから海外コンチネンタルカップに参戦できるようになった菜々美は、シーズン後半にスプリントレースのコンチネンタルカップのパペーテと香港に出場します。

まずはタヒチで開催されたオセアニアカップパペーテへ。

タヒチへの直行便は週に1便しかなく、ロサンゼルス経由でタヒチに向かいました。

Img_0527

Img_0537

Img_0570_2

Img_0587

Img_0620_2

Img_0636_2

24時間以上の移動で到着してから2日間で調整練習と公式スケジュールをこなし、いよいよ初海外レースを迎えます。タヒチはフランス領でフランス語、英語だけの中でチャレンジしてきました。

このレースはオセアニア勢5名と菜々美の6名でしたが、菜々美が8月のオーストラリアキャンプに行った時のメンバーもいて、レースでは緊張感がありました。

Img_0670

Img_0707

Img_0714

Img_0787

Img_0800

Img_0829

Img_0836

Img_0867

Img_0901_2

Img_0947

Img_0974

Img_1025

3位入賞が見える中、ランに入ると一気に飛び出し3位でフィニッシュ!表彰台とITUポイント獲得!!

タヒチのレースは菜々美にとってたくさんの「初」の「コンチネンタルカップ出場」「海外レース」「初表彰台」「ドーピングコントロール」がありました(^^)v

応援ありがとうございました!

公式記録:http://www.triathlon.org/results/result/2016_papeete_otu_triathlon_oceania_cup/303954

Img_1071

Img_1093

タヒチまで行って海に行かないのはもったいないので、飛行機の時間までに現地の路線バスに乗ってビーチまで行って海を満喫してきました。