« 2013年8月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

トレイルラン/スクールイベント

久しぶりにトレイルランのスクールイベントを行います。

時間のある方は一緒に山を走りに行きましょう!

日時:11月4日(月・祝)

   集合 8:30 地下鉄国際会館駅改札出口

   スタート 9:00 宝ヶ池

ルート:東山トレイル 宝ヶ池ー大文字山ー蹴上

持ち物:バックパック・ボトル・補給食

雨天中止:中止連絡は朝6:30の時点でブログに掲載いたします。

2013年10月17日 (木)

日本選手権/選手コメント

日本選手権を終えて選手からのコメントをお伝えします。

【松本 文佳】

いつも応援ありがとうございます。

日本選手権の結果はDNFでした。
始めて日本選手権はとても緊張しました。そして今の自分の実力を痛感させられるレースとなりました。
課題としているスイムで大きく遅れてしまい、最後までレースをさせてもらえなかったです。
これからの練習では特に課題とするスイムを人一倍泳ぎ込み、エリートでも戦えるよう積み重ねをしていきたいです。
応援、サポート本当にありがとうございました。

【杉原 賞紀】

先日行われた日本選手権ではたくさんの応援をしていただきありがとうございました。
結果としては44位と自分の目指していた結果とはかけ離れる結果となり、応援してくださった皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、自分としてはとてもいい経験をしたレースとなりました。

今回の日本選手権はスイムから行くしかないと思い最初の250メートル先の第一ブイを先頭らへんで通過出来るようにいつもは躊躇してしまうところを攻めて行くことができました。しかしその後は後ろの選手に抜かれて行くばかりでまだまだ実力不足を感じました。
またバイクでは乗り出しの部分で同じ所でスイムアップした選手に置いていかれ第一集団に入るチャンスを逃してしまい、トランジションの1秒の大切さをとても感じることができました。バイクのパートでは少し心配があったものの全然行けることもわかったのでそこの部分ではよかったと思います。
ランでは、やはり長い距離の対応ができなくて抜かされる一方でとても悔しかったです。
この悔しい思いは来年の日本選手権で借りを返せるように冬場の練習に取り組んで行きたいと思います。

またこのレースをもって今シーズンのレースが終了しました。
今シーズンはジュニア最後の年となり結果を残そうと意気込んでいたのですが、その想いとは裏腹にあまりいい結果を残すことができなくとても悔しい1年となりました。しかしその中でもいつも変わらず応援やサポートをしてくださった皆様にはとてもパワーや力を頂きとても励みになりました。
会えない方々もおられると思うので軽率で申し訳ございませんがこの場をお借りして一言感謝をお伝えさせて頂きたいと思います。
今シーズンの手厚い応援やサポートありがとうございました。

これからはエリートの世界で戦える選手に、オリンピックを目指して活躍出来る選手になれるよう日々向上していくのはもちろんのこと自分自身をもっと信じてあげこれからも精進していきたいと思いますので、大変ご迷惑をお掛けすることもあると思いますが来シーズンも応援をよろしくお願いいたします。

【小林 晃久】

多くの応援をして頂きありがとうございました。無事日本選手権を怪我なく終えることができました。

一昨年に出場した初の日本選手権ではバイクで落車してしまい、その後レースに復帰しましたが残念ながら完走することが出来ませんでした。
去年は大きな事故を起こしてしまい、その後不調のままで出場権利すら獲得出来ませんでした。
今回のレースで3度目の挑戦となり
、ようやく完走をすることが出来ました。

怪我なくレースを終えることが出来て嬉しかったですが、やはり課題が多く見つかりました。
第1集団や第2集団でスイムを終えた人達の400mのベストタイムは、自分とほぼ変わらないにも関わらず、第3集団と第4集団の間でスイムを終えました。
やはりオープンウォーターが課題なのでこの冬に克服できるよう頑張りたいと思っています。
ランでもバイクで足が疲労してしまい、思うように走れなかったので改善していきたいと思います。
今回の日本選手権は37位に終わりましたがこの経験を次のレースに生かせるよう練習を続けていきたいと思います。

最後に、応援をしていただいた方々のおかげで最後のランを気持ちを切らさずに走ることが出来ました。今度はもっと上の順位を走ることで応援に応えられたらと思います。
本当にありがとうございました!

【末岡 瞭】

日本選手権の結果は28位でした。たくさんの応援ありがとうございました。
結果についてはとても悔しい気持ちでいっぱいです。日本の中で自分はこれくらいの順位でしかないと思うと本当に悔しいです。ただ、スイム・バイク・ランそしてトランジッションすべてにおいて今の自分の力を出し切ることができました。苦しい場面もありましたが、その時は応援してくださっている人たちのことを思うと自然と踏ん張ることができました。なので、「28位」という結果が今の僕の実力です。
この冬にしっかりと練習を積んで、来年この悔しさを晴らし、成長した姿をみせれるように頑張ります。
応援してくださったみなさま本当にありがとうございました。これからも、チームケンズ京都をよろしくお願いします。

Img_1108

Img_1113 
オールチームケンズ(左)とチームケンズ京都の選手とサポーター!

今後とも応援よろしくお願い申し上げます。

日本選手権/結果

2013日本選手権はチームケンズ京都にとってチャレンジのレースになりました。チーム設立からの選手の中で文佳が一番乗りで、日本選手権への出場になりました。エリートへの本格的なチャレンジが始まりました。

レースは早朝、女子からスタート。

Img_0961

Img_0971

Img_0992
エリートレースではスイムに大きな課題がある文佳ですが、レースまでの2週間ほぼスイム練習のみで挑みました。効果はあり予想よりも早く上がり、バイクも単独で2周目まで先頭集団と同じスピードで走りました。しかし、さすがに周回を重ねるごとに差が開き始め最終関門で数十秒の差でDNFになってしまいました・・・明確な課題が見えた日本選手権初挑戦でした。

男子は女子の約2時間半後にスタート。

Img_1018

Img_1020

Img_1022

Img_1041

Img_1073

Img_1064

Img_1082

Img_1091

Img_1092_2 
男子は気持ちの入ったチャレンジしたレースをしてくれました。しかし、まだまだスイム・バイク・ランそれぞれに力不足を感じたレースになりました。今回のレースでの課題が多い分、今後必ず成長ができるはずです。 引き続き応援よろしくお願いいたします。

【女子】

松本文佳 DNF

【男子】

末岡瞭 28位  小林晃久 37位  杉原賞紀 44位

2013年10月13日 (日)

日本選手権/選手抱負

2013日本トライアスロン選手権が10月13日(日)に東京お台場で開催されます。

チームケンズ京都からは男子3名、女子1名の4名が出場します!!

レースを前にして選手からの抱負をお伝えします!

Dsc_0375 
【杉原 賞紀】 出場2回目

いつも応援していただきありがとうございます。
明日は2013年シーズンの最後のレース、日本選手権となります。
明日のレースは日本のトップを行く選手が最高のコンディションで最高の環境でのレースとなるので、自分としてもトップ選手たちとどれくらいの戦えるのか挑戦できるのをとても楽しみにしています。
明日は自分の力を最大限に発揮して頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。

【末岡 瞭】 出場4回目

チームケンズ京都コーチの末岡です。いつも応援ありがとうございます。今回はコーチとしてではなく、選手として日本選手権に出場します。
大学を卒業してチームケンズ京都に入って約7ヶ月が経ちました。大学では経験できなかったことをたくさん学べあらためてこのチームに入ってよかったと思っています。これも、内山監督をはじめ、指導している子どもたちや大人の方、応援してくださっている方々のおかげです。本当にありがとうございます。
普段は、指導で「頑張れ!」や「そこでもっと我慢しろ」「もっと積極的にいこう」などと言っていますが、自分は果たしてできているのだろうか、と考えさせられます。明日は、自分の持っている力を全て出し切ることで、それが示せるのではないかと思っています。なので、結果にこだわるのではなく、自分の今のベストパフォーマンスをする、というのが今回の目標です。チャレンジしてきます。特に、子どもたちにはそこから何か伝えることができたらいいな、と思います。
環境が変わってから初の日本選手権。諦めずに一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

2013年10月10日 (木)

2013日本海合宿(後半)

6日目の合宿後半初日は実戦練習のスタート。レース感覚やスピード感覚を高めるトレーニングに入りました。合宿参加者はまたまた増え、なんと遠方の福島県から長正選手と蓮沼コーチが来てくれました!

Img_5443

Img_5448

Img_5460

Img_5467_2

Img_5502

Img_5511
7日目も実戦練習に入る前に、早朝に選手同士のコミュニケーション力を上げるためのゲームからスタート(^^)

Img_5567

Img_5580

Img_5594 
コミュニケーション力を上げるつもりが仲違いしてるグループも・・・

Img_5612

Img_5626

Img_5655 

Img_5660

Img_5701

Img_5719 
8日目は合宿地での最終練習日。更に真剣な実戦練習を行いました。

Img_5735

Img_5763

Img_5766

Img_5769

Img_5788

Img_5860 
合宿最終日まで猛暑・・・疲れがピークに近くても、集中力を切らさないように京都市内まで自走で帰りました(^^)v

Img_5962

Img_5964

Img_6011 
今年は事故がなく、ホッとして終われた日本海合宿でした!ジュニアスクール生も自信がついたかな(^^)

2013日本海合宿(前半)

毎年恒例になっている、京都府宮津市で行っている日本海合宿。8泊9日の長期合宿ですが、走り込みから実戦練習まで、とことん強化のためのトレーニングを行ってきました。

Img_4901

Img_4906

Img_4903_2 
初日から125km離れた合宿地まで自走で移動。猛暑の中、良く走りました!

2日目も10kmの上りの与謝峠にチャレンジのロングライドへ。

Img_4959

Img_4972

Img_4994 
3日目は走り込みの合間に、京都府協会主催の久美浜で大会開催を目指したトライアスロン練習会に参加。非常に熱くて熱中症の危険がある日でした。今日から舞鶴の智貴が合流!

Img_5105

Img_5152

Img_5083
前半の走り込みラストの4日目は、前日までの暑さのダメージが大きく、無理をしないで距離を短くして大江山ヒルクライムに変更。この日から北海道士別合宿に参加してた賞紀と文佳が北海道からフェリーで舞鶴に渡ってきて合宿に合流しました。

Img_5238

Img_5260

Img_5264
今年の夏は本当に暑かったです・・・

美雨と朋紀と真奈が特急に乗って後半からの合宿に合流。フリーの日は思いっきりみんなで海遊び(^^)v

Img_5362

Img_5383

Img_5401

お詫び・・・

まことに長くお待たせして申し訳ありませんでした。

ブログの書き込みを8月の日本海合宿より、遠い記憶をたどりながら少しずつ活動報告のブログを書き込んでいきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

チームケンズ京都 内山勇