2017年7月19日 (水)

アジアカップ高松

惨敗に終わってしまった3戦目の日本U23/U19選手権・・・4連戦の最終のアジアカップ高松。

選手たちは連戦と遠征と暑さによる疲労感がとても高まっている中、ITUポイント獲得を目指して全力で取り組んでくれました。

新たな海外選手がチームと一緒に帯同することになり、4か国の選手がいる多国籍のチームになりました・・・

Img_3379

Img_3387

Img_3398

男子からレースはスタート。康貴、弦大、匠真、賢太郎、迅、チャンユーの6名。

Img_3451

Img_3651

Img_3626

Img_3810

Img_3838

Img_3822

康貴 11位  匠真 29位  弦大 33位  賢太郎 55位  迅 55位  チャンユー 61位

男子公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2017/17takamatsu_elite_men_result.pdf

女子はなんと全員違う国籍(JPN/CZE/TPE/NZL)。みんなで上位を狙います!

Img_3860

Img_3876

Img_3924

Img_3960

Img_4050

Img_4061

キリ(NZL)  菜々美(JPN)12位  ヤナ(CZE)22位  リュウリュウ(TPE)26位

女子公式記録:http://www.jtu.or.jp/results/2017/17takamatsu_elite_women_result.pdf

次は2週間あいて22日に康貴と弦大がASTCアジアU23選手権パレンバン大会(インドネシア)に挑みます!応援よろしくお願いします!!

2017年7月10日 (月)

U12トライアスロンキャンプ【キャンセル待ち】

ご好評いただいています「AS京都U12トライアスロンキャンプ」は定員になり、現在キャンセル待ちの受付となっています。

参加される方への最終案内・しおり等は7月24日に郵送にてお届けを予定しております。

2017年6月28日 (水)

【京都アクアリーナ】スイムとランから始めるトライアスロン教室

京都アクアリーナではスイムとランから挑戦するトライアスロン教室を開催します。教室の指導はAS京都トライアスロンスクールが担当します。

これからトライアスロンをやってみようかなと思っているキッズ・ジュニアの皆さんはぜひ参加してみてください。1回だけでもOK!

日 程:7月11日(火)、7月18日(火)、8月22日(火)、8月29日(火) 全4回

時 間:17:00~18:00 ラン  18:30~19:30 スイム

場 所:ラン アクアリーナ公園エリア  スイム サブプール

参加費:1回 1,500円

申 込:京都アクアリーナ 075-315-4800

教室詳細はこちら aquarina_triathlon_taiken.pdfをダウンロード

アジアカップ大阪

4週連続大会期間の2週目のアジアカップ大阪。

大阪大会は会場を舞洲から大阪城に移し、前代未聞のお堀を泳ぐ大会!!歴史とトライアスロンがコラボレーションした大会になりました。

初めての開催でありテクニカルなバイクコースのためタイトなスケジュールの合間を見て5日前にコース試走を行い、念入りにコースを確認しました。地元関西での開催だからできたコース試走。

Img_1736

Img_1752

Img_1807

レース当日は雨・・・テクニカルなバイクコースの上、ウェットな路面に緊張感は高まりました。

お堀のコンディションは雨で多少は良くなったと思いますが水はやはり緑。選手はレースに集中してるためいつも通り。

男子のレースからスタート

Img_1868

Img_1879

Img_1952

Img_1961

Img_2070

Img_2099

康貴がスイムをトップで上がってきてから、バイクの上手さでトップ集団で終始展開。最後のラン勝負でも粘りを見せ大健闘の8位。弦大は多くの課題を残したレースになりました。

【男子結果】

康貴 8位  弦大 31位  匠真 49位  迅 52位  智也 60位

http://www.jtu.or.jp/results/2017/17osakajo_EM_result.pdf

女子チームは完全に多国籍チームと化していました。

Img_1840

Img_1841

Img_2138_2

Img_2230

Img_2247

Img_2474

菜々美はレースでの強さを見せて2週連続の4位入賞。美咲は久しぶりに会心の走りで11位と好成績!感動する走りを見せてくれました。

【女子結果】

菜々美 4位  ヤナ 7位  美咲 11位  リュウリュウ 31位

http://www.jtu.or.jp/results/2017/17osakajo_EF_result.pdf

林田カメラマンの写真

Dsc_8445_01

Dsc_8222_01

Dsc_8429_01

Dsc_8316_01

PHOTO:林田淳吾

選手から応援まで一丸となって戦ったレースでした!最高のチームになってきました!

Img_2507

2017年6月19日 (月)

アジアカップ蒲郡/蒲郡オレンジトライアスロン

アジアカップ蒲郡はスーパースプリントで予選・決勝を行うレース形式。出場目的はスピードアップと決勝に残りITUポイント獲得。

女子は4名が出場。2名は海外選手ですが・・・

予選はレースペースはあまり速くはなく、他の選手の動向を見ながらのレース展開でしたが、1組で菜々美が3位通過、リュウリュウは予選落ち。2組で美咲が2位通過、ヤナは12位通過。

決勝は選手全員がフルスロットル。スタートから全力でいっていました。バイクを終えるまでほぼ全員同じパック、集団の前方でバイクを終えた菜々美と美咲がランに飛び出し、ヤナが後ろから追う形になりました。2kmのランはあっという間で上位5名のスピードはとても速かったですが、菜々美がくらいつき見事4位でフィニッシュ。ヤナは粘りを見せて10位、美咲はスピードが上がらず18位でした。

Img_1433

Img_1455

Img_1472

Img_1508

Img_1559

Img_1608

男子は2名が出場。

予選は康貴が安定した走りで1組2位で通過、2組の賢太郎は落車DNF。

決勝は康貴が流血するほどのすごいスイムバトルを乗り切り、バイクで積極的な展開で2周目は独走でトップでバイクフィニッシュ。ランも逃げ切りたかったがまだまだ力不足が露呈して、大きく順位を落として24位でフィニッシュ。

Img_1645

Img_1657

Img_1686 

リザルトはこちら http://www.triathlon.org/results/result/2017_gamagori_astc_sprint_triathlon_asian_cup

びわ湖トライアスロンと同日の蒲郡オレンジトライアスロンでしたが、エイジグループの岸本さんと、ジュニアの哲平は蒲郡大会をチョイスして出場。

哲平はスーパースプリントの部に出場しぶっちぎりで優勝してきました。

Img_0405

Img_0443

Img_0529

レースの後は来年からエリートレースに参戦するためにアジアカップを勉強しました!

エイジグループの岸本さんも上位を目指して頑張りました!!!

Img_0601

Img_0607

哲平は表彰式でAS京都の強化合宿に参加してくれている中島千紗都選手と共にスーパースプリント優勝の表彰!おめでとう(^^)/

Img_1714 

次のレースは翌週の6/25のアジアカップ大阪。初の大阪城での開催。なんとスイムは大阪城のお濠を泳ぎます!関西の方は是非応援にいらしてください。チームからは9名が出場します。アジアカップのスタートは正午過ぎです!

アジアカップ大阪大会HP http://event.osaka-triathlon.com/ja/toppage